NEW POST

2016年4月 マッコリソムリエツアーとソウルの旅 vol.5 ~韓国伝統酒「ソルソンジュ」の里 介坪韓屋マウルへ

d0301815_01030498.jpg






vol.4から続く・・・






伝統薬酒
「ソルソンジュ」
d0301815_14084041.jpg






ここで16代目の名人パク・ソンフン(박흥선)先生にご案内頂きました。
d0301815_14115107.jpg





薬酒だけではなくて、ワインもあるようです。
d0301815_14124804.jpg




まずは、ここでビデオを見てから、
カクテルを作ります。
d0301815_14133405.jpg



使ったのは「ダムソル40% 담솔40%」
2016年ベルギーモンドセレクション国際品評会で金賞を受賞した
高級蒸留酒。
d0301815_14255764.jpg



レシピもちゃんとありました。
d0301815_14273418.jpg



トニックウォーターで割って、ライムを絞ります。
d0301815_14325501.jpg



ブルーキュラソーはオランダの「BOLS」
d0301815_14281764.jpg




キレイ~~。
美味しい~~。
でも、飲み過ぎると悪酔いしそうな、強いカクテルです(笑)
d0301815_14333872.jpg




その後は、隣の醸造所を見学。
この作ったカクテルを飲みながら!!!(@_@;)
d0301815_14351927.jpg






見学を終えて(飲み終わってw)、またバスに乗り、
やっと「介坪韓屋マウル ケピョンハノクマウル 개편한옥마을へ。
d0301815_14365468.jpg



長閑な風景。
d0301815_14383072.jpg





まだまだ八重桜が咲き誇っていました。
(いつのことーーーー??057.gif
d0301815_14390425.jpg





こちらはドラマのロケ地にもなったそうです。
1987年KBS大河「土地 토지」
2003年MBC「茶母 다모 (チェオクの剣)」
d0301815_14410357.jpg




「一蠹古宅 일두고택」
朝鮮王朝時代の有名な儒学者、鄭汝昌(チョン・ヨチャン)の子孫が
住んでいた韓屋だそうです。



d0301815_14532310.jpg


この介坪韓屋村の中には、サランチェ以外の11もの建物は
16-17世紀に建てられたもの。
もちろん重要文化財に認定されてるそうです。



立派な松の木。
d0301815_15134415.jpg



古宅の門には、国から賜った「扁額」。
5枚もあるのは珍しく、家柄を示すものとなっているそうです。
d0301815_14591963.jpg




あ、全部、ガイドさんが説明してくれました!!
(ガイドさんの話す言葉をミョンさんが通訳してくれましたw)





今日はこちらで、何やらイベントがあるらしく、
その練習の真っ最中でしたから、その場所を避けて見学。
d0301815_15151496.jpg




建物と建物の間にある門を抜けて、隣の母屋や、倉庫へ。
d0301815_15160307.jpg



ハンアリの並ぶ裏庭には、
d0301815_15161846.jpg



見事なツツジや、
d0301815_15171916.jpg



牡丹。
d0301815_15173625.jpg


裏庭とは思えない華やかさ。
d0301815_15175511.jpg



ここの見学をひと通り終えた後は、
隣の「ソルソンジュ無形文化財文化館 솔송주 무형문화재 문화관」へ。
d0301815_15220295.jpg




いよいよ直接蒸留の見学です。
d0301815_15265107.jpg




薪で火を起こし。。。
d0301815_15304276.jpg



ヒタヒタと蒸留されたお酒が出てきます。
d0301815_15312600.jpg




味見するbusan-loveちゃん
d0301815_15323633.jpg



私も飲みましたが、口元に持って行った時の
むせ返るような強いアルコールにビックリしますが、
喉を通ると。。。。「熱い!!!」、でも美味しい053.gif
本当に美味しいお酒でした(笑)




そして、この文化館は「韓屋ステイ」できる宿泊施設でもあります。
d0301815_15360465.jpg





そこで、今日はお餅とフルーツのおもてなしをして頂きました。
d0301815_15363810.jpg





よもぎのお餅。
ごま油が塗ってあって、いい香り。
d0301815_15415831.jpg



何の意味があったっけ??これ?(笑)
d0301815_15433893.jpg




その後は、ひとりづつ「名人」との撮影大会(笑)
(モデルはbusan-loveちゃんです016.gif
d0301815_15450040.jpg





松筍酒(ソルソンジュ)無形文化財文化館 솔송주 무형문화재 문화관
慶尚南道 咸陽郡 池谷面 介坪里 339 介坪韓屋村内
경남 함양군 지곡면 개평리 339


d0301815_15494286.gif
そして、「介坪韓屋マウル」を後にして、
ソウルに戻る前に、もう1ヶ所見学。



「濫渓書院 ナムゲソウォン 남계서원」
d0301815_15595628.jpg




鄭汝昌を祀った朝鮮時代の私立学校です。
d0301815_16035558.jpg



「風詠楼(プンヨンル)」の2階から見た風景。
d0301815_16063662.jpg



韓国で2番目に設立された書院。
ユネスコ文化遺産にも登録予定だそうです。
d0301815_16072257.jpg



濫渓書院 ナムゲソウォン 남계서원
慶尚南道 咸陽郡 水東面 院坪里 586-1
경상남도 함양군 수동면 원평리 586-1







充実した「慶尚南道・咸陽」の旅でした。
さーーー、ここからまた4時間かけてソウルに戻ります。

帰りはもちろん爆睡。
ソウルに着いたら、夕飯食べられますように(笑)



トラックバックURL : http://kanapuk2.exblog.jp/tb/23486378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2016-09-15 15:30
タイトル : フェルメールが愛した「オランダの真珠」と呼ばれるデルフト..
デルフトDelft デルフトは、デン・ハーグ市街地の南に隣接していてデン・ハーグから電車で10分も行くとこの街に着はきます。デン・ハーグと一体となって広域市街を形成しています。オランダの古都であり著明な観光地ですが、デルフト工科大学を擁しているため、学生の街でもあります。... more
by kanapuk2 | 2016-09-13 19:46 | 2016.4 Seoul | Trackback(1) | Comments(0)

旅、そしてゆるり、な生活


by かなた